2005年04月23日

3箱目のタバコ、そして

2箱目を終えてから、数年。
元よりタバコの煙は好かなかったため、すっかり嫌煙家になっていた私が、再び吸おうと思ったのは、ネットの友人が愛煙家だった事などがきっかけでした。
友人の愛用は、マルボロメンソール。
女性の私には、ルーシアやバージニアスリムを勧めてくれたので、バージニアスリムのメンソールを買いました。
箱を開けると、芳しい香りに懐かしくなりました。
メンソールはスーッとするのって本当だなあと思いながら、特に不味くもないけどこれと言って美味しいとも感じませんでした。
しかし、色々な事がどうでも良くなってきていたこともあって、次々と吸いました。

吸ううちに、学生の頃の事を思い出しました。
それは、部室に雑魚寝で泊まった次の朝。
日の出から暫く経った朝もやの残る砂利の駐車場で、男子数名が輪になって喫煙していました。
吸ってみた事はあるけれど、あまり美味しいと思えないのは吸い方が悪いのか聞いてみました。
すると、肺まで吸っていないんじゃないの、そうしないと味わえないよと言われました。
肺まで吸うなんて、肺ガン直結じゃないのかと、真っ黒になった肺のレントゲン写真を思い出して、それはできないなと思っていました。

その、肺喫をしたら、美味しく味わえるのかも。
良く分からないまま、煙を深呼吸するみたいに吸い込んでみました。
むせたあとは、仕方なく今まで通り喉辺りで煙を出して、すっぱかすっぱかとふかしました。

3箱目の消費は、全く吸わない日や10本吸った日などを経て、約1週間後。
その間、何気に目にした雑誌広告で、面白いものを見掛けたのです。
それは、地域限定タバコ。
バニラやレモングラスや、なんだか美味しそうなラインナップ。
丁度、数日前実家に帰ったり更にその先に出掛けた地域のみで売っていたものが数種類あったので、知っていれば買っていたのにと後悔しました。
もしかしてネットで扱っている店はないものかと調べてみると、地域限定タバコをまとめた「利き煙草」セットなるものを発見しました。
残り個数はあと3つ、他に扱っている店は見当たらず、早速注文しました。
ここから、私の喫煙生活は始まりました。
posted by 煙玉 at 03:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | プロローグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2箱目のタバコ

1箱目を終えてから約1年、私は大学の近くで1人暮らしをしていました。
学校ではタバコを吸う学生が多く、美味しそうに吸う彼らを見て、再び試してみたい気持ちになりました。
もう家族に気兼ねする事なく吸える、吸うなら今だろうと思いました。

アルバイトもしておらず、ゆとりがなかったので、なるべく安いタバコにするつもりでアパートの近くの自販機を物色し、ゴールデンバットを購入。
空き缶を吸い殻代わりにして、部屋の中で吸ってみました。
箱を開けると、タバコの葉の香りはやっぱり芳しい。
しかし、相変わらずタバコから立ち上るのと吐く煙の匂いは好きになれず、純粋に味わっている分からしても美味しいのか良く分かりませんでした。
やっぱり自分はタバコに向いていないんだ、と諦めながら、何とか消費したのはまたもや約1年後。

半年経過した頃、飲み会の席でタバコの好きな先生にあまり減らない事を告げると、そんなに置いておいたらタバコが美味しくなくなると言われました。
更に、ゴールデンバットは残った葉を集めて詰め合わせてあるから味がイマイチで、もっと高級なタバコにした方が良かったんじゃないかと教えてもらいました。
先生の吸っていたのはマイルドセブンかセブンスターだったろうか。
ハードボイルドな雰囲気の同級生はホープを愛用しており、茶目っ気のある後輩はラッキーストライクが好きでした。
自販機に時々並べてある細くて長いタバコもちょっと気にしつつ、次の箱を買う事はありませんでした。
posted by 煙玉 at 02:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロローグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めてのタバコ

初めて吸ったのは、二十歳になってすぐの頃。
タバコって美味しいのかな、吸っている姿はカッコイイな、という興味でした。
しかし体に悪いイメージから、低タール・低ニコチンのものにしようと思いました。
そして家から徒歩15分くらい離れた自販機で買ったのは、フロンティアライトボックス1mg。
リビングの電話置きの引き出しに入っていたライターを持ち出して、家族が寝静まった夜中にベランダで試しました。

箱を開けると、香ばしく結構いい香り。
1本を銜え、今まで見た喫煙姿を思い出しながら火をつけ、吸い込み、息を吐く。
むせたりはしませんでしたが、美味しいのか良く分かりませんでした。
これなら依存症にはならないだろうと安心する反面、少々ガッカリしました。
それから時々、タバコを1本吸ってみては、やっぱり美味しくないと思いました。
20本を消費するのに1年くらい掛かり、空になった時は、夏休みの宿題を終えたようなサッパリした気分になりました。
posted by 煙玉 at 02:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロローグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

アンチ・スモーカーの方はスルーして下さいませ。

タバコを始めてもうすぐ1ヶ月です。
自分に合う銘柄探しや、より楽しい喫煙生活を送る方法を日夜模索しています。
周りに煙草について話せる人が殆どおらず、それでいて試しているうちに色々思うところがあったので、こういう場を設けることにしました。
色々と情報交換出来たら嬉しいです。

それでは、宜しくお願いします。
posted by 煙玉 at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロローグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。